東京歯科大学在学中、インプラント補綴治療を中心とした治療を将来的に行いたいと考える。大学院教授である井上孝教授からインプラント治療をするには基礎を理解し、自分で考える能力を身に付ける必要があると助言を受け、同学臨床検査病理学講座にて基礎研究、病理診断を含めた臨床検査学を学ぶ。大学院課程修了後、Critical thinking著者でありインプラント表面性状研究の第一人者であるDr. Donald Brunetteの下でインプラント表面性状を中心に研究を行う。臨床医として補綴学全般を学ぶために渡米し、ボストン大学補綴科専門医プログラムを修了。

その後、世界20名枠のスカラーシッププログラムに選抜されトロント大学付属病院にて臨床・研究に従事する。

2020年11月に帰国し、現在勤務医として、インプラント・補綴治療を中心とした診療を行う。研究マインドを持った補綴臨床医を目指し、日々研鑽中。

201624011_4103136923075375_7246207875342

武田 侑大  

Yukihiro Takeda, DDS, PhD

歯科医師・歯学博士・米国補綴専門医

略 歴

 2010年         東京歯科大学歯学部 卒業
 2011–14年    東京歯科大学臨床検査病理学講座大学院 

        博士課程修了
 2014–15年    ブリテッシュコロンビア大学

        バイオマテリアル学研究室 研究留学

 2016–19年    ボストン大学補綴科 レジデント

 2019年         米国補綴専門医 課程修了
 2019–20年   トロント大学付属病院 ITIスカラー・研究員

 2020年         武田歯科医院 勤務

所属学会

 American Academy of Osseointegration
 American College of Prosthodontics
 International Team of Implantology (ITI)

 日本口腔インプラント学会